中古車販売業者の「保障制度」

中古車販売業者の「保障制度」

車を購入する際には新車か中古車か選択をすることになるのですが、新車のほうがより多く売れているというわけでもなく中古市場は非常に活況を帯びており、あえて中古の方を選択するという方も非常に多くおります。

 

ただその一方で心配なのは購入後に壊れたり不具合を出さないかという不安で、新車でも稀にトラブルが発生することもありますので、まして中古車の場合はより壊れやすいのではないかと心配する声も多く聞かれるのです。

 

確かに新車の場合はメーカーの保障がついてきますので、万が一にも不具合があった場合でも安心することができるのですが、一方で中古車が壊れた場合にはどのような対応になるのでしょうか。

 

実は中古車を取り扱う中古車販売業者では、購入後の一定期間の不具合に対応する保証制度を設けていますので、万が一の不具合でも保証を活用することが出来るのです。

 

こうした保証制度はそれぞれの中古車販売業者で設けている制度となりますので、細かな内容についてはそれぞれで異なるのですが、新車を買うのと同様に保証を活用することができれば非常に安心感があるといえます。

 

各中古車販売業者を見比べてみると、まず保証期間については車両の経過年数によっても異なるのですが最短で半年ほどというのもありますが5年から10年としている場合が多く、走行距離については一定の決まりが有る場合もあれば無制限としている保証もあります。

 

そして保障の範囲については重要機構部品であるエンジン・トランスミッション・ブレーキなどと限定されている場合があり、これらの部位に関しては故障した場合に多額の費用が伴う箇所となりますので、しっかり保証が受けられるというのは非常にありがたいことだといえます。

 

こうした保証制度はプランごとに内容が分かれており、保証期間の違いや有償無償の範囲が異なるなど様々な違いがありますので、ご自身が求めているところの保証範囲に該当する業者から購入すればより安心感が得られますし、万が一の事態にもしっかり活用することができます。